七夕まつり

日本の五節句の一つである七夕は、旧暦でお盆を迎える準備として行われるようになりました。

その際に飾る笹(竹)は、まっすぐと伸びる生命力が備わっていることから神聖な力が宿っていると言われ、殺菌力が強い笹の葉には厄除け・厄払いの力があると言われております。

また笹の葉が風にそよぐ音は精霊を招くとされ、ご先祖様の魂が宿る依り代と言われております。

ご先祖様を思いながら短冊にお願い事を書く事で、ご先祖様が帰られる時、七夕のお願い事も一緒に天へ届けてくれます。

善宝寺は皆さんの願いをあずかる祈願所でもあります。

  • 善宝寺受付の脇でご自由に短冊にお願い事をお書き頂き、竹へ吊るしてください。(7月7日16時まで。特に七夕の祈願料等は頂いておりません。)
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

七夕まつり への1件のフィードバック

  1. ピンバック: お正月の門松 – 1本の木から始まる発見の旅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です