善宝寺のほとけさま 大黒天

善宝寺のほとけさま

大黒天

もとはインドの神様で、「マハーカーラ」(マハーは「大きい・偉大」カーラは「黒・暗黒」の意)という。日本に於いては大黒=大国として、大国主と混合され豊穣の神、七福神の一つとなった。厨房・食堂の神様として台所に奉られることが多い。この庄内地方では十二月九日を大黒様のお歳夜とし、各家庭でハタハタの田楽や煮豆などを献じて供養し、五穀豊熟や子孫繁栄を祈るのが古くからの慣習となっている。
大黒真言(しんごん) 「オン・マカキャラヤ・ソワカ」

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です